www.stc-paulmueller.com

前置きとして、破産を申請するまでの間では借金のある人へ対する電話での借金回収と、債務のある個人の住居への直接訪問による収集は違反でないということです。それから、自己破産申請の手順に入ったのち申し込みまでに手数がかかるときには債権人は強引な返済要求を行うリスクが高くなります。債権保有者側にとっては負債の返済もしないでそれでいて破産のような司法上の手続きもされない状態だと団体内部で終了処理を実行することができないのです。そして、債権人の中では法律家に連絡していないと知ったならけっこう強行な集金行為をやってくる人もいるようです。司法書士団体および弁護士の方に助力を求めた場合、債権人は依頼者に対しての直接要求をやることができなくなります。要望を理解した司法書士事務所あるいは弁護士の方は事件を担当すると記載した通達を各取り立て業者に配達することになり、各取り立て企業がその手紙を受領したとき依頼者は債権者からの乱暴な取り立てから解き放たれるわけです。取り立て業者が勤務先や親の自宅へ訪問しての返済要求は貸金業法規制法の条項で禁止されています。貸金業で登録を済ませている業者ならば仕事場や実家へ訪問しての集金はルールに違反するのを知っているので違法だと伝達すればそのような取り立てを維持することはないと言っていいでしょう。破産の申請の後は申請人に対する集金を含め、あらゆる収金行為は許されなくなります。よって、収金がまったくなくなるわけです。けれど、ごく一部には違法と分かっていながら訪問してくる取り立て業者もゼロとは思えません。貸金業として登録してある企業であれば破産に関しての手続き後の徴集行為が貸金業法の条項に反しているのを理解しているので、違反だと伝達すれば、そういう集金をし続けることはないと言っていいでしょう。とはいえ、闇金融という通称の登録外の企業においては法外な収金などが理由の被害事件が減少しないのが現状です。闇金融が業者の中に存在している場合はどんなときであれ弁護士の人および司法書士事務所などの法律家に頼むようにした方がいいといえます。

コンテンツメニュー