www.stc-paulmueller.com

民事再生は住宅ローンを含めた多重債務の問題に苦しめられている債務者をターゲットに、マンションを維持しながら金銭管理において再生するための法的機関による謝金の整理の手順としてスタートした制度です。破産のように免責不許可事由はないので、賭博などで債務ができたのであっても民事再生手続きは問題ありませんし破産手続きをすれば業務が不可能になるようなポストで仕事をしている場合などでも手続きが行えます。自己破産では、住居を保有したままにするわけにはいきませんし、他の債務処理方法ではやはり元金は支払っていかなくてはなりませんので住宅のためのローンも返しながら返済をしていくことは現実問題として簡単なことではないでしょう。ただ、民事再生による処理を選択できれば、住宅ローン等のほかの借金はかなりの金額を削減することも可能ですので余裕をもって住宅ローンを払い続けながら残った借入金を返済していくことが可能ということです。でも、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停等とは異なり一定の債務を除外扱いして処理していくことは考えられませんし破産の場合のように借り入れ金それ自体帳消しになるわけではありません。また、これ以外の解決策と比べると手続きがめんどうで時間もかかりますので、住宅のローンを組んでいて住んでいるマンションを手放せない状況等以外において自己破産等のその他の選択肢がない際の解決策と見ておいた方がいいでしょう。