www.stc-paulmueller.com

月刊誌の折込広告、スポーツ新聞、電話ボックスにある宣伝チラシや郵便広告で、「負債の整理任せてください」「多重借金を統合しませんか」という売り文句を見かけることがありませんか。こういったものは、「整理屋」「買取専門人」「つなぎ業者」という通称の悪徳会社のだまし広告の場合があります。そのようなものを使ったケースでは破産申請の流れの中で一番大切な免責承認をもらえない危険もありえます。「整頓屋」は、チラシなどで債務者を引きつけ相当な依頼料を受けて債務整頓を行うのですが、実際は債務整頓はされず、負債者はさらなる負債スパイラルにはまってしまう結末が9割方と言えます。「買取専門屋」とは、依頼者のローンで、デジタル用品、電車のチケットを購入させて、依頼者からその品々を値段の20%から額面半値で買い上げるという手口を使っています。負債者は瞬間的には現金がもらえますが、いつかカード会社経由で商品の完全な支払い要求が送られてきて、実際は借金額を増やす結末で終わります。このときはクレジットカード会社へ犯罪行為ということで免責がもらえません。「紹介者」は、人気の金融業者から断られるようになった債務人に対して業者としては金貸しはしないで、融資をしてもらえる関係無い企業を紹介して、高すぎる費用を出させる業者です。つなぎ業者は自分の経由で金貸し可能となったというようにしゃべりますが、本当は何もしないで単純に規程の甘いサービスを説明しているだけなのです。このケースだと本当は負債額を悪化させることになります。

コンテンツメニュー