お酒によるむくみを予防するには?

飲み過ぎた次の日、起きてみたら顔がパンパンにむくんでいた、という経験は、大人なら誰でも1度はあるのではないでしょうか。

お酒の飲み過ぎ=水分の摂り過ぎでむくむ、と思っている方も多いと思いますが、実はお酒は、同量の水分を摂ったときよりもずっとむくみやすくなります。

というのも、アルコールには脱水作用があるからです。

しかも血管の内部だけを脱水させてしまうので、血管の外に水分が出て、結果むくみを発生させてしまいます。

その上お酒と一緒に食べるおつまみは塩分過多なことが多いので、塩分濃度を調節しようと身体は水をとりこみたい方向へ作用します。

さらに寝不足も重なって、朝にはむくみ顔のできあがり、ということになってしまうわけです。

お酒によるむくみ対策には、飲む量に気をつける、途中からノンアルコール、ノンシュガーのお茶や炭酸水にする、おつまみは塩分がなく、代謝をよくしてくれる野菜スティックやサラダをドレッシングなしで、といったことを心がけてみてください。

コンテンツメニュー

    Link