色んな種類のお墓を見ました

妊娠とは神秘な出来事の連続

1人目を妊娠した時、一番最初に産婦人科で診てもらった時は双子でした。
評判のいい妊娠したいへご一報を下さい。
7週目まで胎嚢が二つあり心拍も動いていましたが、検診に行った晩に激しい腹痛に見舞われ、出血した結果次に検診に行った時には1人の心拍は止まってしまっていました。
このサイトで妊娠初期症状へご連絡下さい。
もう1人は元気にスクスク育ち、無事出産となりましたが、もう一人の胎嚢は出血こそありましたが体外に出てきませんでしたので、ずっと担当の先生が気にしてくれていたようです。
出産後の胎盤を調べてくれたところ、跡形もなく吸収されていたと報告してくれました。
お調べになる際には排卵日の資料をご覧ください。
私たち夫婦は、生まれてきた我が子は2人分なのだと思いながら育児することにしたのです。
やがてその子が五ヶ月になる時に2人目を妊娠し、その子も無事生むことが出来ました。
私たちは生まれてくることが出来なかったもう一つの命だと思いながら育児しています。
きっと上の子の後を追いかけてきたのだと思わずにはいられません。
命とは神秘で尊いものだなと感謝する日々です。